東海道五十三次を歩いて旅してみたら大変だった[day4 箱根峠→原]

約4分
東海道五十三次を歩いて旅してみたら大変だった[day4 箱根峠→原]

東海道五十三次歩き旅4日目の記事です。

前日の模様は↓で書いていますので、まだの方はこちらを先にご覧ください。

またスタートから読んでいただいた方が面白いと思うので、初日の記事もリンクしてきます。

この旅4日目は2021.5.17であったのですが、前夜にとんでもないニュースが入ってきてしましました。

それはなんと東海地方が梅雨入り!!
観測史上最速であり例年よりも20日ほども早い梅雨入りです。

この東海道五十三次歩き旅は前々から計画していて、この2121年の4.5.6月のどこかでやろうと検討した結果、日照時間と天候の快適さのバランスが最も良いであろう5月中旬をわざわざ選んだのに・・・。

ま、天候のことばかりは巡り合わせなので、気持ちを切り替えてスタートです!

が・・・前日終了地点の箱根峠に戻ってきたらとんでもない天候でした(泣)
とりあえず↓の動画をご覧ください。

実は動画を撮る前、近くの小屋みたいな場所でしばらく行くか止めるか考えてました。
ただ、箱根をくだった三島の街は普通の雨だったので(前日は三島に宿泊)、「降りて行けば天候は少しずつ良くなっていくはず!」

進むことを決意しました。
撮影機材はgopro以外完全パッキングし鞄の底にしまったため、絵が少ないのを了承ください。

国道は雨風ともに凄まじいので、早く旧道に入りたい!
やっと旧道石畳エリアに避難です。
雨風は木々がかなり防いでくれるので、だいぶ国道よりマシですが降りの濡れた石畳はめちゃくちゃ滑ります!(石畳エリアで2回コケた)

予想通り”三島スカイウォーク”あたりまで来ると、雨風とも頂上ほどではありませんでした。
ほんとなら、三島スカイウォークも寄って吊り橋渡りたかったのに・・・。
視界が全くなく、外から眺めてみただけですがスカイウォーク本体すら全く見えないww

この先は国道を急足でくだって、三島宿になんとか到着しました!
三島の街は雨も上がり曇りでした・・・

11.三島宿

浮世絵も三島の名所”三島大社”の前で描かれていますね。
僕も三島大社前で記念撮影。

三島は鰻が名物みたいで街のいたる所から鰻を焼く香ばしい匂いがしてきますが、僕は鰻がどうも苦手でw
普通にコンビニ弁当で済ませました。
三島コロッケくらいどこかで食べておけばよかった。

三島は湧水が豊富な街で、いろんな水の豊かな光景が目につきます。
天気が良ければ、こんな公園で青空弁当したいな。

旧東海道を外れて湧水に因んだ名所に寄り道します。

国道1号沿いにある”柿田川公園”です。
湧水が湧く様子がいろんな場所で見れる美しい公園です(ただし結構広い)

どんより曇り空でしたが↓の動画のように綺麗な湧水を見ることができました!

県道380号を進み”三園橋”のあたりまでくれば沼津宿に到着です。

12.沼津宿

浮世絵は夜の風景が描かれています。
横の川は狩野川かな?

沼津といえば深海魚とラブライブ。
沼津港の方にある深海魚水族館はけっこう好きな場所で何度か行きました(今回は距離ロスが多いのでスルー)
ラブライブはよくわからないですが、街中がラブライブまみれです。

少し進むと千本街道と旧東海道の分岐。
どちらで行っても原宿には行けるのですが、せっかくなので行ったことのない旧東海道を行くことに。
自転車は断然千本街道がおすすめです。道も広くなんならサイクルロードもありますよ。

このままひたすら進めば次の宿場町”原”に到着です。

13.原宿

綺麗な富士山が描かれてるなぁ!
現実世界の僕はこの旅で一度も富士山を見ていません(泣)

原の宿場町の検索をしても”東京の原宿”のことばかり出てきて、何があるのかよくわからずに来ていますw
旧東海道沿に本陣跡の碑がありました!

なんか立派なお宅の敷地に建っているので個人的に建てているのかも?
他は特に宿場町っぽいものが見つかりませんでした(薄暗かったから見逃したかも)

この日4日目はJR原駅までで終了です(写真忘れた)
本来は次の吉原宿までの予定でしたが、箱根山中の嵐で時間がかかり無理でした。
翌日以降の天候回復をの望んで・・・

5日目に続く

※よろしければ筆者”おっさーのInstagramもご覧ください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA